25
12月

これは便利!印刷内容を用紙1枚に収める方法

余白の大きさを変更する

印刷をする時は必ず印刷プレビューというのを見ると思いますが、その時にちょっとした設定を行うことができ、そのうちの1つに余白の設定があります。設定メニューを開くと余白のところに数字が表示されていますが、これは余白がどれくらい空いているかを数値化したものでここの数字を増やしたり減らしたりしていけば、余白の大きさを変更できます。変更した後に特に問題がなければ、そのまま印刷しても大丈夫です。仕事においてはこのテクニックが必要になる場合があるので覚えておいて損はないです。

各行で表示する文字数を変更する

パソコンで文書を作成する際に行数が足りなくて変なところで文章が区切られてしまったことはないでしょうか?この問題は各行で表示する文字数を変更すれば大抵は解決します。例えば、あと4文字足りない場合は元々表示されている文字数に4を足した数字を入れると変更できます。ただ、これを行う際に1つ注意点があります。各行で表示できる文字数は決められているので変更を行う際はそのこともちゃんと考慮しましよう。何も考えずにただ文字数を変更してしまうと、横の余白だけが狭いという変な見た目になってしまいます。

印刷する範囲を自分で設定する

これは主にWebサイトを見ていて、パソコンなどを開かなくても見れる状態にしたい時に使えるテクニックです。ほとんどのサイトではページに必ず1つは広告がついています。そのページを印刷しようとするとその広告も含まれてしまいます。そこで印刷する前に印刷範囲の設定のページを開き、そこで広告の部分以外を選択すれば印刷範囲から広告の部分だけ除くことができます。サイトの広告は大抵、一番上や下に設置されていることが多いので比較的設定しやすいです。

企業の顔となる封筒には、それなりのクオリティーが必要です。今は低コストでも満足できる封筒印刷を提供する業者が多数存在します。