24
12月

人事担当者でもわからない!?その人の本質

最近は面接の攻略本も多く販売されている

適性検査は履歴書や面接ではわからない本人の本質を理解するために利用する企業が多いです。履歴書は書き方のマニュアル本がたくさん販売されているので、それを利用すれば人事担当者が好むような内容の履歴書を作成することができますし、面接も最近では面接を練習する企業等が出てきているために練習することで人事担当者が好むような回答をすることができるようになります。つまり人事担当者としては武装した中味がわかりかねるのです。

適性検査では嘘がばれる

そのために利用されるのが適性検査です。これは多くの質問があって早い時間に選択して回答していくものですが、その質問事項には似たようなものが多く出題されます。本当のことであれば似たような質問、言葉を変えただけの質問であっても回答は常に同じになるはずです。ところがより良い回答だけをしようと練習をした人は、いつかはぼろが出てきます。それを適性検査では回答内容の信頼度として評価します。これが低くなれば人物的にも評価が低くなります。

昨今の就職活動において適性検査は必須

このようにいくら武装してきた人であっても、その人の本質を見るためには必要なのは適性検査であり、多くの企業が採用しています。しかしこの適性検査も最近では攻略本やセミナーが出てきたりしています。そのため適性検査の内容自体を常に新しいものにして、練習によってクリアできないようにしています。これが多くの企業が採用している理由です。昨今の就職活動の環境下では人事担当者として面接だけで本質を見極めるのが難しいために適性検査を積極的に活用しています。

就職の適性検査は、参考書や問題集を利用して対策ができます。検査問題に慣れておくのも対策の一つになります。